クカバラベーカリー
雑記帳

Kookaburra

bakery

旅の手帳

Travel note 

とっておきのカボ・ポローニョーCabo Polonio/ プンタ・デル・ディアブローPunta del Diablo

2019年5月

モンテビデオからバスで東へおよそ4時間、国立公園の中にすっぽりと収まった小さな村カボ・ポローニョへは、公園外の小さなバスターミナルでバスを降りたら、そのまま名物のトラックに乗って海岸沿いを走る。

夏の時期は1日に5千人が訪れるというこの村の人口は通常60人。夏はレストランからナイトクラブまで観光業で賑わい宿泊費も数倍に上がるが、繁忙期を過ぎれば本当に静かで時間軸から外れたような空間になる。砂丘が美しい海岸沿いを歩いたりアザラシの群れを見に行ったり、本を読んだり絵を描いたり、そんな旅が好きな人にはこれ以上ない目的地だ。冬が嫌いでなければ7月のカボ・ポローニョはおすすめだが、一般には繁忙期を終えた3月がいい時期だと言われている。レストランが開いている時期なら、毎朝運ばれる新鮮な地元の魚介を是非堪能したい

カボ・ポローニョからさらに東、ブラジルの手前に位置するプンタ・デル・ディアブロも海岸沿いが美しい小さな町。町から北へはサンタ・テレサ国立公園(Parque Nacional Santa Teresa)が延び、晴れた日には18世紀ポルトガル軍によって築かれた要塞の建つ丘まで散歩するのもおもしろい。

 

場所取りが意外と激しいアザラシたち。