クカバラベーカリー
雑記帳

Kookaburra

bakery

ギターのほこり、1センチ。

Sep 19, 2018 | オーストラリア, メルボルン, 旅の便り

寝室の片隅で厚くほこりをかぶっていたギターが最近また日の目を見ている。
わたしがここ2年ほど少し習っては飽き、またしばらくして触れてみては続かずを繰り返してきたこのギターは、もともとわたしのパートナーが20年近く前に買ったもの。新品みたいに見えるのは、愛されてきたからでなく放置されてきたからだ。
面白いなと思うのは、こんな大人になってから習ったことでも多かれ少なかれ何かしらちゃんと記憶していっていること。三日坊主でも完全にやめないでちょっと気持ちが向いたときに触れてみると、意外と指が動いてちょっと嬉しくなる。Youtubeやなんかで初心者向けのプログラムを見つけてはちょっと弾いてみたりして、楽器はやっぱり楽しい。
そんなわたしのたどたどしいギターの音色を聞いて、真似しいな彼はもちろんギターに触れたくなるわけで、交渉の末わたしがボーカルにまわったりするのもまた楽しい。
へたくそでもなんでも楽器の音が聞こえるのはいいもんだなあと思う。近所の家から漏れる子供の笑い声とかギターの音とかってなんだかほっとするもの。
今度は10日坊主くらいまで続けばななんて思う冬みたいな春の今日。