クカバラベーカリー
雑記帳

Kookaburra

bakery

ダーウィンレアを探せ。

Apr 16, 2019 | アルゼンチン, パタゴニア, 旅の便り

快適なバスの旅で、プエルトナタレスからエルカラファテに戻る。


ツンドラ地帯というのかな、背丈の低い草が地平線の向こうへ遠く続いている。窓の外をじっと眺めていると時々草むらずずずと動いて、小さな顔が覗く。ダチョウに似た走る回る鳥で、ダーウィンレアと言うんだと。まあるく茂った草と色も形も共にして、うまいこと隠れている。なんだかおもしろくなっちゃって「ダーウィンレアを探せ」に没頭していると、今度はグアナコが現れてラクダのような潤んだ瞳で走り去るバスを遠くから見つめている。

午後の早い時間にエルカラファテに到着した。宿にチェックインして街をまたぶらぶらと歩いて、郵便局で切手の値段を聞いて心拍数が上がり、カフェを見つけて落ち着いた。出発前の空港で手紙を出した時、一枚につき4ドルだって言うからてっきりぼられたもんだと思ったら、アルゼンチンは郵便費用が半端なく高いらしい。夕食時、宿で知り合った別な旅人が教えてくれた。マレーシアから自転車ごとアルゼンチンに来た彼女は、南の端のウシュアイアという町からパタゴニアを走って、これからゆっくり南米をまわるらしい。「自転車でいつもそうして旅するの?」って尋ねると、家と職場の往復しかしたことがないという。
「人って意外と何でもできるんだよね。」って、むかし姉と話していたのを思い出す。頭で追うばかりの夢じゃどうにもならないけれど、動いている限り可能性は拡がっていくもの。今頃、彼女はどんな景色を走っているだろう。ダーウィンレアとグアナコの熱い眼差しをすり抜けて。

ークカバラベーカリーの中南米旅行記???パタゴニア編