クカバラベーカリー
雑記帳

Kookaburra

bakery

ブエノスアイレスってところは。

Apr 2, 2019 | アルゼンチン, 旅の便り

ブエノスアイレスに降り立った朝、宿に向かう道中で早速デモに遇った。

旗には“社会主義”とか”資本主義”とか書かれている。アルゼンチンは選挙が近いそうで、現政権に反対する市民がそうしてあちこちで集まっているのだと、宿についてから聞いた。楽器も食べ物も持ち込んで、デモだかお祭りだかわからない。日曜に訪れたマーケットでもまた、デモに遇った。今度は地元のアーティストたち。詳しいことはわからないが、政府の政策でマーケットスペースから追い出されかけているというところまで、Google翻訳が教えてくれた。アーティストたちのデモはさすがにまた色鮮やかで、観光客の目も引く。デモ行進の出発前、集まる人はみな楽しそうで、べらべらとおしゃべりに忙しい。


雑多な街は、富も貧も丸見えで、ごみもにおいもそのままそこにある。政治も経済もあからさまに機能不全で、どうしようもなく迷走している。それに対する不安も怒りもまた声高に叫ばれて、こうして滞在ほんの5日目の、言葉も文化もわからない旅行者にまで率直に伝わる。上澄みだけすくったところで帰してはくれないが、喜びも憂いもありのままにぶつけ受け入れてくれるブエノスアイレスという街。

もはや爽快なようなデモ隊の怒りが、太鼓の音にのって遠くの空に抜けた。

ークカバラベーカリーの中南米旅行記???アルゼンチン編