クカバラベーカリー
雑記帳

Kookaburra

bakery

春、来てるぜ。

Sep 4, 2018 | オーストラリア, メルボルン, 旅の便り

「お、やってる?」なんつってメルボルンにも春が来た。たまに去ってはまたひょっこり現れて、でも確実にそのにおいと気配を残していく。
ひっさしぶりのボタニカルガーデン。ポットにコーヒーをたっぷり入れて、本と絵の道具を詰めて家を出た。トラムの窓ごしにも、春のぬくもり。待ちきれない。
キングスドメインもいい。ここで腰をおろすこともある。でも、今日はやっぱりボタニカルガーデン。キングスドメインを左の奥に歩いて抜けると、小さな入り口がある。メインの入り口ではない、誰か個人の庭に続くようなこじんまりとした入り口。
着いた。
ここにはやっぱり特別な空気が流れてる。池に続く丘。敷物を敷いて、さっそくコーヒーと本。悲しい内容の本は特に、こうして外で読むのがいい。変な歩き方の鳥が顔の真横を通る。ぼーっとしたり考え事したりうろうろ歩き回ったり。なんて幸せだろう。
夜は友達と合流して映画を観に。ポップコーンとアイスクリームとワインを忙しく平らげるわたしたち。
“Blackkklansman”ブラッククランズマンという映画、とてもよかった。差別や暴力はどこにでもある。「オーストラリアで差別されたりする?」って聞かれたことが何度かあるけど、差別は日本にだってある。人種にもそう、性にも、ありとあらゆるマイノリティへの静かな語られない差別は、日本のほうがずっとある。差別は何も殴ったり怒鳴ったりの暴力的なものだけじゃない。相手の存在を認識しなかったり尊厳を認めないことも差別そのものだ。そしてそれを知りながら見過ごすのもまたそう。「傍観者じゃいられないぜ」と私たちにカツを入れてくれる、それでいてハリウッド~なハクのあるいい映画だった。
明日もボタニカルガーデンへ行きたいところだけど仕事だ。せめて歩いて行こうかななんて、春は思わせる。