クカバラベーカリー
雑記帳

Kookaburra

bakery

残りものインスピレーション。

Aug 15, 2018 | オーストラリア, メルボルン, 料理, 旅の便り

仕事が夕方までの日は、最後に皆に賄いを作って帰る。
忙しいときなんか賄いを作るのってけっこう面倒なんだけど、材料になる残り物をかき集めだすとちょっと燃える。同じものじゃ飽きるし、かといってこれは今日使っちゃわないと危ないしとか。冷蔵庫がきれいになるのは気持ちがいいし、食べ物を捨てずに済むのが嬉しい。
まかないがおいしいのってきっと、材料が残りものだからだ。料理って、どこまで手をかけて磨くかは別として、はじまりは何か、「これをどうおいしく食べるか」みたいなところから入るのが、一番面白くて有意義だと思う。レシピを辿ったり、計画をたてて材料を買いそろえるのもいいけれど、普段は肩に力の入らない、冷蔵庫にあるもので「遊ぶ」くらいのほうが、インスピレーションも湧くし無駄もない。予期せぬアイディアが生まれるのもこういうときだったり。冷蔵庫を片付けるのも部屋を片付けるのといっしょだから、つまりは頭の整理をするようなもの。そう思えば残り物の整理から新しい発想が生まれるのも当然だ。
パスタの切れ端に今日が寿命のムール貝とあさり、おいしいんだけど飽きちゃうから、ナポリソースをちょっと足して、あとラディキオの端くれもパセリと一緒にどさっと入れて、今日のごはんもなかなか満足。